中国領事認証サポート


日本の関係機関が発行した文書を中国国内で使用する場合は、先に日本の外務省或いは授権された公証役場で認証申請した後、大使館・総領事館の「領事認証」を得る必要があります。


■公印確認+領事認証 ¥22,000

■領事認証のみ ¥13,200


例)犯罪経歴証明書(無犯罪証明)を中国の機関に提出する場合。

  1.警察署で「犯罪経歴証明書」を取得

  2.外務省で「公印確認」を受ける

  3.公印確認を受けた文書を領事館で「領事認証」してもらう

 

北海道、青森県、岩手県、秋田県にお住いの方は、札幌にある「中華人民共和国駐札幌総領事館」が管轄します。

領事認証の申請は郵送では対応していないので、札幌の総領事館に持参する必要があります。

弊所では、お客様から委任状をいただいて、申請手続をサポートしております。

 

サポート費用は

(1)『外務省の公印確認』+『中国総領事館での領事認証』のセットで¥22,000(税込)

(2)『中国総領事館での領事認証』のみで¥13,200(税込)

※実費として、領事館の手数料(¥3,00~¥5,000)、郵送料が別途かかります。

 

上記(1)の場合

 行政書士報酬¥22,000

 公印確認送料¥740

 領事館手数料¥3,000

 領事館送料¥520

  合計¥26,260 (実際の送料、手数料が異なる場合があります)

 

上記(2)の場合

行政書士報酬¥13,200

 領事館手数料¥3,000

 領事館送料¥520

  合計¥16,720 (実際の送料、手数料が異なる場合があります)

 

業務手順

1.お問い合わせ(TEL、メール、LINE)

2.申請書、委任状の送付(弊所→お客様)

3.公文書、申請書、委任状、その他必要書類の送付(お客様→弊所)

4.申請手続

5.総領事館からお客様へ認証書類の郵送(領事館→お客様)

 


新型コロナウイルスの影響から、現在、領事業務は原則的に停止されており、緊急を要する案件については事前の相談を経て、手続きが可能となっているようです。

まずは、申請者ご本人が、領事館へメール等で相談をしたうえで、弊所へご相談くださいますようお願いいたします。