外国人サポート

外国人サポート · 2019/10/11
 報道によると、小中学校に不就学の可能性のある外国籍の子どもが、札幌市内で80人ほどいるとのこと。外国籍の子どもには就学の義務はないが、公立の小中学校に就学を希望すれば、国際人権規約などに基づいて無償で受け入れられている。80人の子どもたちがどのような理由から不就学になっているのかの詳細は不明だが、外国人側への周知もこれまで以上にしていく必要があるだろう。  北海道教育委員会では「帰国・外国人児童生徒が生き生きと学校生活を送るために」というリーフレットを作り、各学校へ啓発をしている。教育現場は外国人のみならず、さまざまな個性や事情を抱えた児童・生徒を受け入れなければならず、きめ細やかな対応を求められる。しかし、日本の学校教員の抱える業務内容や業務量では、その人員数が絶対的に不足している。多様な児童・生徒を指導するためには時間的にも精神的にも「余裕」が必要であるが、求められることばかりが増えていくのが現状ではないか。学校以外でも、子どもたちをサポートしていく仕組みが、これまで以上に必要になっているのだと思われる。  在留資格の申請取次などを行う行政書士も、外国籍の子どもたちの教育環境についても目配りをしていくことが大切であろう。さまざまな行政機関との橋渡し役としても力になっていきたい。
外国人サポート · 2019/10/10
 外国人が日本で就労できる在留資格の中に「技能」という資格があります。 「日本の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動」に該当することが求められます。...

外国人サポート · 2019/08/28
 少し前になりますが、報道によると2018年度に日本の在留資格(ビザ)を取り消された外国人が前年の2倍超となる832人となっており、過去最多を更新したとのこと。 具体例としては、学校を除籍された留学生がアルバイトをしながら在留を続けていた事例、失踪した技能実習生が別の会社で活動していた事例、などがあるようです。...
外国人サポート · 2019/08/20
 新しい「特定技能」(1号)という在留資格の介護分野に関する試験が、この秋(10月~11月)にカンボジア、ネパール、ミャンマー、モンゴルでも実施されるようです。...

外国人サポート · 2019/08/06
新聞報道によると、北海道で初の「特定技能1号」の在留資格認定証明書が下りたらしい。 分野は「飲食料品製造業」で技能実習の経験を持つ方とのこと。 入管の発表では、7月末で全国では96人が特定技能ビザを取得している。 この外国人を受け入れる会社は、今後も「農業」分野で特定技能の人材を受け入れる予定。...
外国人サポート · 2019/08/02
報道によると、出入国在留管理庁が「日本語学校」の設置基準を厳格化しました。...

外国人サポート · 2019/07/30
外国人が在留資格(ビザ)に関して自分で手続きを行うのは、なかなか大変なことです。 外国人本人の代わりに手続きを行うこと「申請取次」と呼び、申請取次ができる人は次のように定められています。...
外国人サポート · 2019/07/24
 日本に適法に在留する外国人が、年老いた親を本国から日本に呼んで面倒をみたい…という場合があります。しかしながら、このような類型の在留資格は定められていません。(「家族滞在」というビザがありますが、配偶者と子が対象で、親は対象外です…)...

外国人サポート · 2019/07/14
 2012年に新しい在留管理制度スタートして「在留カード」が交付されるようになりました。今年は2019年、スタートから7年が経過します。...
外国人サポート · 2019/07/09
配偶者ビザで在留している外国人が日本人配偶者と離婚した場合、在留資格はどうなってしまうのか? 「配偶者」としての活動を6ヶ月以上していないことになると、ビザの取り消し事由となります。 このような場合は、次のような選択肢が考えられます。 (要件等はザックリとした概要です) 1.帰国する・・・特に日本に未練がなければ、この選択肢でしょう。...

さらに表示する